ピースターの誕生

私たちの主力ブランドである「ピースター」は、英語で表記するとpeacetarとなります。なぜ、語尾が「ter」ではなくて「tar」なんでしょうか?


ピースター

1945年、第二次世界大戦で原爆が落ち、焼け野原になった広島の地で生まれたピースターブランドのお鍋。敗戦した当時の日本で、平和の星(peace + star)になってほしいという創業者の思いから名付けられたのが「ピースター」という名前です。

そして1970年頃から発売した画期的なピースターブランドの圧力鍋が大ヒット。ゴールド色の圧力鍋はピースターの代名詞となり、30年を越えて今でも現役で活躍しているご家庭がたくさんあります。

「ピースター」は誕生から65年が経過した現在も、高品質、高機能で丈夫なアルミ鋳造鍋で日本の主婦に愛されるブランドとなっています。
 これからも、皆さんのご家庭でたくさんの笑顔が生まれるような、そのようなブランドでありたいと願っております。

このページの先頭へ